ご希望のスキー場[スノーボード場]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトスキー場[スノーボード場]リサーチ

スキー・スノーボード用語集(ま行)



スキー・スノーボードに関する用語(ま行)をご紹介します。

宮の森ジャンプ競技場

宮の森ジャンプ競技場(ミヤノモリジャンプキョウギジョウ)

札幌市立のスキージャンプ場のこと。北海道札幌市中央区宮の森にあり、正式名称は「札幌市宮の森ジャンプ競技場」。1970年(昭和45年)11月、札幌冬季オリンピックに向け大倉山ジャンプ競技場と共に新設された。当時、札幌オリンピックで使用するジャンプ場は大倉山ジャンプ場だけを改修し、70m級と90m級を併設予定であったが、大倉山のスタンドの面積が取れなかったなどが理由で分離することになり、1968年(昭和43年)宮の森ジャンプ場が着工された。札幌オリンピックでは、70m級ジャンプ(現在のノーマルヒル)の日の丸飛行隊の活躍により3本の日の丸が掲揚された記念すべき競技場である。現在のバッケンレコードは、2012年(平成24年)の雪印杯で栃本翔平が記録した104.0m。

モーグル

モーグル(モーグル)

こぶの急斜面を滑降し、タイム、ターン、エアの美しさを競うスキー競技のひとつ。「モーグル」とは、ノルウェー語の「Mogul」から来ており、「雪のこぶ」という意味である。一人ずつ滑走するモーグルと、2人同時に滑走し勝ち抜けを競うデュアルモーグルがある。主なモーグルのルールは、規則的にこぶが配置された雪の急斜面を滑走し、「高いターン技術」、「エア演技」、「ハイスピード」をターンが50%、エア25%、スピード25%の採点配分で審査する。水平軸のずれた回転や「3D」と呼ばれる宙返りなど、難易度が年々増している派手なエアに注目が集まるが、実際はエアよりもターンの採点配分のほうが多い。日本人選手では、里谷多英が1998年(平成10年)長野オリンピックにて日本人女子選手として冬季オリンピック史上初の金メダルを獲得している。

投稿ユーザ様募集
掲載施設様様募集

投稿ユーザーの方へ

パスワードを忘れた方

投稿ユーザーに登録する

投稿ユーザーに登録される方は、
「投稿ユーザーに登録する」ボタンを
押して下さい。

施設検索/ホームメイト・リサーチ公式キャラクター 歌舞伎パンダ「検太郎」
施設検索/ホームメイト・リサーチLINE公式アカウントをご紹介!
ホームメイト・リサーチ公式アプリ ピカ写メのご紹介!
「ピカ写メ」アプリの機能をご紹介。ダウンロードはこちらから!
施設のお役立ち情報「生活施設辞典」
生活施設に関する、知っておくと便利な情報・役に立つ情報が満載!

施設検索ホームメイトリサーチは、
モバイルでもお楽しみ頂けます。

スマートフォンからも、サイトをご覧頂くことができます。
携帯からも、サイトをご覧頂くことができます。
デバイスイメージ

その他、タブレットでもご覧頂けます。
施設検索ホームメイト・リサーチご紹介ページ

いつでもどこでも「施設検索/ホームメイト・リサーチ」サイトへ一発アクセス!
タブレットやスマートフォンから弊社サイトへすぐにアクセスできる便利なボタンを設定できます。