ご希望のスキー場[スノーボード場]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スポランド
スキー場[スノーボード場]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

スキー・スノボ情報

スキーにちなんだ面白いCM



ウインターシーズンの頃になると、テレビやラジオでスキーにちなんだCMが流れます。ここではスキーをテーマにした面白いCMやその登場人物、テーマソングについて紹介します。

JR SKI SKIキャンペーン

JR SKI SKIキャンペーン

JR東日本によるJR SKI SKIキャンペーンは、話題になったCMのひとつです。これは1991年から始まり、初めはガーラ湯沢スキー場へのキャンペーンでしたが、のちに電車や新幹線を利用したスキー場への旅行を紹介するキャンペーンとなりました。

1991/1992シーズン (Zoo)

「JR SKI SKI」キャンペーンの初代テーマソングは、Zooの『Choo Choo Train』で、3シーズン連続でZooのCMソングが使われました。初代のキャッチコピーは「雪男。雪女。」で、CM撮影時には雪の質感を出すために塩が10tも用いられた大がかりな撮影となりました。

1995/1996シーズン (竹野内豊・江角マキコ/Globe)

このシーズンはGlobeの『Departures』がCMソングに選ばれ、1996/1997シーズンのCMにもGlobeの『Can't Stop Fillin'in Love』が選ばれています。キャッチコピーは「ラクに行こう」というもので、竹野内豊さんと江角マキコさんがカップルとして共演し、ガーラ湯沢が東京から日帰りでも利用できることを訴求する内容でした。

1998/1999シーズン (GLAY)

このシーズンは、GLAYの『Winter, Again』が使用され話題となり、GLAY最大のシングルヒット曲になりました。キャッチコピーは「愛に雪、恋を白(あいにゆき、こいをしろ)」。このフレーズは「あなたと、コンビに。(ファミリーマート)」のコピーも手掛けた一倉宏さんによるもので、多くの人の印象に残りました。

2006/2007シーズン (木村カエラ)

このシーズンは7年ぶりにテレビCMが放映されました。木村カエラさんが主演し、オリジナルキャラクターのスノーウィーとスキー場で元気に遊ぶ姿が印象的でした。キャッチコピーは「なんでもありでSnow♡」で、CM使用曲は木村さんの『Snowdome』でした。

2012/2013シーズン (本田翼/GReeeeN)

このシーズンも7年ぶりのテレビCM放映となり、出演した本田翼さんが「超絶可愛い」とSNSなどで話題になりました。キャッチコピーは「青春は、純白だ」というストレートなもので、本田翼と『大奥』や『Summer Nude』などのドラマでも話題となった窪田正孝がゲレンデの恋を表現するような内容で、スキー離れが懸念されている若者を意識したストーリーでした。CMソングには、GReeeeNの『雪の音』が選ばれました。

アルペン(Alpen) コマーシャル

スキーシーズンで思い出されるCMとして、スキー・スノーボード用品のアルペンのコマーシャルについても紹介します。

1993/1994シーズン (広瀬香美)

CMソングとして選ばれた広瀬香美さんの『ロマンスの神様』が大ヒットし、ミリオンセラーを記録したとともに、アルペンの知名度も高めました。一時期、他のアーティストの楽曲となることもありましたが、1993年から2013年まで広瀬さんの曲が使用されています。

1996/1997シーズン (加藤晴彦)

『DEAR...Again』、『真冬の帰り道』という広瀬香美さんの曲がCMソングとなり、加藤晴彦さんが主演として登場します。1996/1997から2013年現在まで、毎シーズン加藤さんが出演し、2007/2008シーズンからは3シーズン連続で上村愛子選手が共演しています。