ご希望のスキー場[スノーボード場]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトスキー場[スノーボード場]リサーチ

スキー・スノボ情報

本格的なスキー用具の手入れ方法



スキー板やスノーボードのパフォーマンスを維持するためには、手入れが欠かせません。簡易ワックスなどを使う比較的簡単な手入れもありますが、ここではホットワクシングをはじめとした本格的な用具の手入れ方法を説明します。

スキー板、スノーボードの手入れについて

スキー板、スノーボードの手入れについて

本格的なスキー板、スノーボードのお手入れ方法に、固形のワックスを板の滑走面に塗りこむ「ホットワクシング」があります。

ホットワクシングの種類と効果

スキー板やスノーボードの滑走状態を維持させるためには、表面だけに塗り込む簡易ワックスよりも、大量のワックスを奥まで塗り込めるホットワクシングの方が滑走に適した状態を長時間維持できます。ワックスを塗り込むことで、滑りが良くなることはもちろん、板の滑走面の酸化を防止したり、荒れた滑走面を修復する役割もあります。

ワックスは、シーズン前のベース作りに使うベースワックス、通常滑走時のトップワックス、大会用のスタートワックスなど、用途ごとに種類があります。特にトップワックスは、その日の天気、温度などゲレンデの状況に合わせて種類を選ぶ必要があります。

ホットワクシングの方法

ホットワクシングする場合は、まず、スキー板、スノーボードに付いた雪や水分、汚れをきれいに拭き取ります。水分がなくなったら、チューンナップテーブルとスキーバイスで板を固定し、さらに拭き取っただけでは取れなかった滑走面の汚れをリムーバーでふき取り、ブロンズブラシで、板の細かい溝に入っている汚れを取ります。ブラッシングする際、板のトップからテールに向けてブラッシングしましょう。ブラッシングが終わったら、濡らした布などを使用してブラッシングで出てきた汚れを拭き取ります。

汚れを完全に取り除いたら、ワックスを塗ります。ワックスを塗るには、専用のアイロンでワックスを溶かし、板の滑走面にワックスを垂らします。その後、滑走面にアイロンを直接当てて伸ばすのではなく、ワックスの上にワクシングペーパーをのせ、その上からアイロンをあててワックスを均等に伸ばします。アイロンでワックスを伸ばして塗り込む際は、常に動かしてワックスがけを行ないましょう。

ワックスがけが終わったら、ワックスが常温で固まるまで待ち、ワックスが固まったらスクレイパーでワックスを取り除きます。ブラッシング同様、スクレイパーも板のトップからテールに向けてかけましょう。スクレイパー後は、ナイロンブラシで滑走面に残った余分なワックスを再度取り除き、仕上げに細かく残ったワックスを馬毛ブラシで取り除いて、一通りのチューンナップが終わります。