ご希望のスキー場[スノーボード場]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スポランド
スキー場[スノーボード場]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

スキー・スノボ情報

ゴーグル・サングラスの概要



ゴーグルやサングラスなどのアイウェアは、スキーやスノーボードをする際に目を防護するための重要なアイテムのひとつです。アイウェアをしないまま滑走すると、雪や雪しぶきなどが目に入って、転倒してしまい、ケガに繋がる可能性もあります。また、山は平地より紫外線量が多いため、直射日光や雪面の照り返しによって生じる紫外線から目を守るのにも有効です。

ウィンタースポーツにおけるゴーグルについて

ウィンタースポーツにおけるゴーグルについて

ゴーグルは、できるだけ視界が広いものを選びましょう。視界の広さは、レンズの形状によって異なり、一般的には平面のレンズが視界が広く取れます一方、球面のレンズは、平面のレンズに比べて視界は狭くなりますが、ゴーグル内の空間は広く作られているため曇りにくく、滑走面の状態をはっきりと捉えることができます。

また、強い紫外線を浴びた肌が炎症を起こすように、目も強い紫外線を浴びると、疲れ目や炎症、最悪の場合は白内障などといった目の病気の原因にもなります。このような紫外線の害を防ぐためにも、レンズは100%UVカットのものを選びましょう。

他にも偏光レンズという光をカットするレンズやレンズを交換したり、重ね掛けできるタイプもあり、複数のレンズの良いところを組み合わせることができます。この重ね掛けできるタイプは、レンズとレンズの間に空気の層を作るため、ゴーグルの曇り防止効果も高いです。また、レンズには、天候に合わせて付け替えられるよう様々な色のレンズがあります。曇天や夕暮れどきにはイエロー、ブルーのレンズが見やすいなどありますが、比較的様々なシチュエーションに対応できるピンクやオレンジのレンズを選ぶのが無難です。

また、フィット感も選ぶ際の重要なポイントです。鼻の周りに隙間があると、鼻息などでレンズが曇る原因になってしまうため、まずは実際にゴーグルを試着して、隙間なくフィットするゴーグルを選びましょう。ゴーグルによってはヘルメットに対応していないものもあるため、ヘルメットをかぶる場合はヘルメットとの相性にも注意しましょう。メガネを掛けている場合でも、メガネ対応モデルのゴーグルを使用すれば問題ありません。また、海外製品の場合、日本人の顔の骨格にフィットしないということもあります。このようなときは、日本人の顔に合わせたジャパンフィットモデルを選んでみましょう。

ウィンタースポーツにおけるサングラスについて

ゴーグル同様、紫外線を100%カットできるものを選ぶのが理想的です。ゴーグルの方が高機能で滑走時への対応に優れているため、滑走時はゴーグル、それ以外はサングラスを掛けるといった形で使い分けるプレイヤーも多く存在します。