ご希望のスキー場[スノーボード場]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトスキー場[スノーボード場]リサーチ

スキー・スノボ情報

ビーニー・ヘルメットの概要



スキーやスノーボードのようなウィンタースポーツでは、防寒対策やゲレンデで転倒した際に頭を守るために、ビーニー、ヘルメットなどを付けて滑走するのが一般的です。ここでは「ビーニー」と呼ばれるニットキャップや、ウィンタースポーツ用のヘルメットについて紹介します。

ビーニーについて

ビーニーについて

ウィンタースポーツをする際は、一般的なキャップは使われません。滑走速度が速くなるとキャップが吹き飛んでしまったり、防寒性も低く、ゴーグルとの相性も良くないためです。このため、ウィンタースポーツでは、ニットキャップ型のビーニーが適しています。

ビーニーには、つばの付いたものやないものなど様々タイプはありますが、耳が隠れるように深く被ることがポイントです。吹雪や転倒時に耳に雪が入ることを防ぎ、しもやけの防止に役立ちます。ただし、転倒した際などは、頭から外れてしまいやすいため、ビーニーの脱落防止のため、ゴーグルを併用して使いましょう。

ヘルメットについて

初心者から上級レーサーまで、安全性を重視する場合に使用するものがヘルメットです。万が一の事故の際に頭部や脊髄への致命傷を防いでくれます。

ヘルメットを選ぶ際は、「安全性」と「防寒性」、かつ「軽量」のタイプが理想的です。

また、ヘルメットとゴーグルは、できるだけ同じブランドで統一させましょう。ブランドが違うと、ヘルメットとゴーグルがうまくかみ合わず、顔とゴーグルの間に隙間ができて、雪が入ってしまったり、ゴーグルが曇る原因になってしまいます。また、防寒性の高いタイプを選択するのが基本ですが、使用する時期や人によっては頭が蒸れてしまうこともあるため、換気を良くする抜け穴が付いたタイプや、状況に応じてヘルメット内の温度環境を調整する開閉式ベンチレーションが付いたタイプなど、通気性に優れたヘルメットもあるので、状況に合わせて選択しましょう。他にも、ヘルメット内部のクッションが取り外せるタイプや、ダイヤルでフィット感を調節できるタイプ、女性用、子ども用など様々な商品もあり、これらのヘルメットにファッションブランドやキャラクターのステッカーを貼って、個性を出している人もいます。