ご希望のスキー場[スノーボード場]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スポランド
スキー場[スノーボード場]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

スキー・スノボ情報

スキーグローブ・
スノーボードグローブの概要



スキーやスノーボードには、専用のグローブがあり、どちらも防寒、保温に欠かせないアイテムです。

スキーグローブとスノーボードグローブの違い

スキーグローブとスノーボードグローブの違い

スキーグローブとスノーボードグローブは用途が若干異なるため、選ぶ際には注意が必要です。スキーの場合はストックを持つため、スキーグローブはストックを握りやすいように作られています。

スノーボードの場合はスノーボードを取り付ける際、雪を手で触る機会が多いため、スキーグローブよりも耐久性、防寒性、防水性を重視しています。どちらの用途にも使えるグローブもありますが、用途に応じて選ぶのが基本です。

スキーグローブの選び方

スキーの場合は、ストックを持つためまず「握りやすさ」にポイントを置き、「保温性」、「防水性」のあるタイプを選びましょう。一般的に握りやすいのが、牛革やゴートスキンのグローブです。保温性が良く、しなやかさと強度をかね備え、使い込む程手になじんでくるのが最大の特徴です。他にも、動物系の素材と他の素材を混ぜたタイプも存在します。また、保温性が最も優れているのは、ミトンタイプのグローブです。ただし、ストックを握った感触が5本指のグローブと異なるため、両方握ってみてしっくりくるグローブを選びましょう。また、高い防水性を求めるのであれば、ナイロンやゴアテックス素材のグローブを選びましょう。

グローブは、インナーの「ファーストレイヤー」と中間の「セカンドレイヤー」、「アウターシェル」の3階層になったタイプや、レイヤリング(重ね着)のできるタイプがあり、その日の気温などに合わせて使い分けることもできます。こうしたレイヤリングタイプのスキーグローブは高価ですが、機能的に優れているため、ひとつ持っておくと安心です。他にも、着脱に手間がかからないインナー一体型のグローブもあります。また、グローブのサイズを選ぶ際は、少しだけ余裕のあるグローブを選ぶようにしましょう。指にぴったりしすぎたグローブは指先が冷えやすくなり、逆に緩すぎる場合はストックを握りづらく、事故の原因になる可能性があります。

スノーボードグローブの場合は、スキーに比べて、スノーボードを脱着する際に雪に触れることが多いため、雪がしみ込みにくい防水性の高いタイプのグローブをまずは選びましょう。防水性が高くないグローブでも、防水スプレーを使って防水性を高めるのもひとつの手段です。あとは、グローブをはめた状態で、ビンディングの付け外しがしやすいかなどを考慮して、手にフィットするグローブを選びましょう。