ご希望のスキー場[スノーボード場]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スポランド
スキー場[スノーボード場]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

スキー・スノボ情報

スノーボードケースの概要



自分用のスノーボードを購入したら、合わせてスノーボードケースが必要になります。移動中にボードを傷付けてしまってはパフォーマンスが落ちてしまいますし、エッジで周囲の人にケガをさせないためにもケースが重要な役割を果たします。スノーボードケースは、ボードがすっぽり入る「ハードケース」と、ボードのエッジをカバーする「ソールカバー」に大別できます。

基本は、大容量で持ち運びやすいハードケース

基本は、大容量で持ち運びやすいハードケース

スノーボードケースを選ぶときに大切なのは、「収納力」「持ちやすさ」「機能性」です。

収納力を重視するのであれば、容量の大きいハードケースを探しましょう。容量が大きいケースであれば、ビンディングを付けたままスノーボードが入り、ブーツやウェアなど必要な物がすべて入るため、スノーボードをツアーバスで運ぶときや宅配便などで配送するときなどは、ハードケースが適しています。一度に荷物を送れ、かつ輸送時の衝撃からスノーボードの命である滑走面、エッジを守ることができます。

次に、持ちやすさですが、リュック、ショルダー、手提げという3つの持ち方ができるタイプが便利です。さらに、値段は高くなりますが、キャリー付きで引いて持つことができる4WAYタイプのハードケースもあります。

3つ目は、機能性です。ハードケースの内側・外側にポケットがたくさん付いていると、ゴーグルやグローブなどの小物を収納できるので便利です。ハードケース内でボードが動かないよう固定するベルト付きのものや、背負う面にクッションが入っているものなどハードケースによって仕様は様々なので、どの機能が自分に必要か吟味するようにしましょう。

手軽に持ち運びができるソールカバー

自家用車などで移動するときには、大きすぎるハードケースではなく、ソールカバーが適しています。ソールカバーをすることでスノーボードの滑走面やエッジを守るだけでなく、車内や荷物、または人に傷を付けてしまうことを防ぎます。

ソールカバーは、ハードケースと違って伸縮性の高い素材でできたカバーで、スノーボードのエッジとソールにかぶせて保護をします。かさばらないため、持ち運びも手軽です。ハードケースと一緒に持っていると用途に応じて使い分けられます。また、保管中にスノーボードが錆びてしまわないように、ソールカバーをする前はスノーボードの水分を十分にふき取っておきましょう。