ご希望のスキー場[スノーボード場]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スポランド
スキー場[スノーボード場]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

スキー・スノボ情報

スノーボードビンディングの概要



スノーボードではブーツ選びや調整が最も重要ですが、その次に重要なのがブーツとスノーボードを繋ぐ「ビンディング(バインディング)」選びです。スノーボード用品を揃える際は、スノーボードブーツを選び次にビンディングを、最後にスノーボード板を選ぶのが定石です。

スノーボードビンディングの選び方

スノーボードビンディングの選び方

自分に合ったビンディングを見付けるためには、まずブーツに合ったサイズのビンディングを選びましょう。ブーツとビンディングのサイズが合っていないと、ボードにうまく力が伝わらないため、ボードコントロールがうまくできなくなります。また、ビンディングもブーツと同じく、硬さが選定のポイントになります。初級者の場合は硬いビンディングを使うと操作しづらいので、やわらかいビンディングを選ぶようにしましょう。

スノーボードビンディングのセッティング

ビンディングをセッティングする場合、取り付けの位置に気を付けましょう。スノーボードによってビンディングを取り付ける位置や形状は異なり、ボードによってはそのメーカーが推奨する取り付け位置が記載されている場合もあります。取り付け位置が記載されていない場合は、メジャーを使って取り付け位置を測ったうえでセッティングしなければいけません。スノーボーダーの体格や特徴、レース用やトリック用など滑るスタイルに応じて位置を変える必要がある場合もありますが、基本的には自分に合ったスタンス位置に取り付けましょう。

そして、ブーツのつま先とかかとがボードから同じくらいの長さが出るよう、ボード幅の真ん中にブーツの中心を合わせるようにビンディングを取り付けます。かかとかつま先のどちらかだけが出過ぎていると、滑走時に引っかかってしまうので注意しましょう。

スノーボードビンディングの性能による価格差

スノーボードの世界に限らず、多くの場合はその商品に何らかの価値があってこそ高い金額になるものです。高価なビンディングでなければいけないという訳はないですが、高額なモデルのビンディングは、足にかかる負担の軽減や安定感という面から見ると、様々な工夫がされています。アンクルストラップひとつにしてもクッションの性能が高く、足に負担がかかりにくくなっています。また、ホールド性能も高いため、ブーツとのフィット感も安定しています。フォワードリーンやハイバックなど、通常では工具が必要な調整なども、工具なしで簡単にできるタイプのモデルも多く存在します。