ご希望のスキー場[スノーボード場]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スポランド
スキー場[スノーボード場]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

スキー・スノボ情報

スキーケースの概要



自分専用のスキー用具をそろえたら、体にぴったり合う、持ち運びやすいスキーケースも必要になる場合があります。ここでは、スキー板、ストック、スキーブーツ、スキーウェアなどを運搬するためのスキーケースについて説明します。

オールインワンタイプのスキーケース

オールインワンタイプのスキーケース

スキー板が2セット入る程の大きさで、ストック、スキーブーツ、スキーウェア、各種小物類もまとめて収納できるタイプのケースです。スキー板を1セットだけにすれば、スキーブーツまで収納できるものもあり、スキーに必要な道具をひとつの荷物としてまとめることができます。中にはローラー付きのものもあり、持ち運びがしやすいため女性に人気があります。こうしたスキー道具は宅配便で郵送する場合もあるため、送り状を入れる部分や名刺ホルダーが用意されているタイプも多くあります。

大型リュックタイプのスキーバッグ

リュックタイプのスキーバッグも、持ち運びやすさから好まれます。スキー板やストックは入りませんが、ウェアやゴーグルなど、各種小物を入れるのに十分な容量が確保されています。

キャリーバッグタイプのスキーバッグ

スキーバッグの中には、大容量かつキャスターが付いているキャリータイプのスキーバッグもあります。持ち運びに優れているため、主に海外など移動の多いプロスキーヤーなどに好まれます。キャリーの取っ手だけでなく、普通の手持ちバックのように持ち運べる手提げタイプのものもあります。

スキーブーツバッグ

スキーブーツをメインに収納するタイプのバックです。手提げタイプやショルダーバッグタイプ、リュックタイプなど、種類によって様々な持ち運び方ができ、ゴーグルなどの小物を収納できるポケット付きのタイプもあります。大容量の収納ができるタイプのバッグに比べて、リーズナブルなことがメリットです。

スキーソールガード

スキー板の滑走面となるソールやエッジを保護するためのアイテムです。中にはショルダーベルトが付いたものもあり、手軽に持ち運びをすることができます。

一般的なスキーケース

オールインワンタイプのように大容量の収納はできませんが、スキー板をコンパクトにまとめられます。多くの物を収納しない分、軽量なため、背負う、手持ち、肩掛けと、持ち方も自在であるため取り回しが楽になります。もちろん、オールインワンタイプよりも安価なため、予算に応じてシンプルなスキーケースのみを購入するスキーヤーも少なくありません。