ご希望のスキー場[スノーボード場]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スポランド
スキー場[スノーボード場]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

スキー・スノボ情報

三浦雄一郎選手について



三浦雄一郎(みうらゆういちろう)選手は、プロスキーヤーでもあり、登山家としても知られています。エベレストのサウスコル8,000m地点からの滑降を始め、世界7大陸最高峰すべてからの滑降を成功させたプロスキーヤーとして有名です。

三浦選手の生い立ち

三浦選手の生い立ち

三浦雄一郎選手は、1932年10月12日、青森県青森市で生まれました。高齢ながら活発に活動するイメージの強い三浦選手ですが、もともとは決して健康とは言えない病弱な幼少期を過ごし、小学校在学時には結核による胸膜炎で長期にわたる入院生活を強いられました。スキーは小学校2年生のときに初めて触れ、高校生までに各種大会に出場し実績を積みました。北海道大学獣医学部に進学し、同大大学院を経て獣医学部にて助手を務めていましたが、26歳で辞任してスキーに挑戦し、全日本スキー選手権青森県予選で優勝します。しかしこの際、スキー連盟関係者と全日本選手権への青森県代表派遣人数で揉めてしまい、アマチュア資格の剥奪とアマチュアスキー界から永久追放をされてしまいました。

プロスキーヤーとしての三浦選手

1962年アメリカで行なわれた世界プロスキー選手権に参加した三浦選手は、トニー・ザイラーなど冬季オリンピックでのメダリストも参加している中、世界ランク8位になる活躍をしました。1964年にはイタリアのチェルビニアで開催されたキロメーターランセに日本人として初参加し、時速172.084kmの当時としては世界最速記録をたたき出したものの、直後にこの記録は破られてしまい、優勝は逃してしまいました。

登山家としての三浦選手

三浦選手と言えば、スキー選手と言うよりも登山家、冒険家のイメージを持つ人は少なくありません。1970年にはエベレストのサウスコル8,000m地点からの滑降に成功し、ギネスブックに掲載されるだけでなく、その映像が『The Man Who Skied Down Everest』(「エベレストを滑った男」)というドキュメンタリー映画にまでなり、記録映画部門でアカデミー賞を獲得しました。その後、南アメリカ大陸の最高峰であるアコンカグアから滑降に成功したことで、世界七大陸最高峰の全峰からの滑降を成し遂げました。

2003年5月22日には、エベレストに世界最高齢の70歳7ヵ月で登頂を達成したと同時に、二男である豪太さんと日本人で初めての親子同時登頂を達成しました。2008年5月26日には75歳でエベレストに再登頂、2013年5月23日には3度目のエベレスト登頂に成功し、エベレスト登頂の最高齢登頂者となりました。(2013年現在)