ご希望のスキー場[スノーボード場]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スポランド
スキー場[スノーボード場]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

スキー・スノボ情報

苗場スキー場の特徴



苗場スキー場は、日本最大の来場者数を誇り、年間100万人以上が訪れています。ピークの1980年代後半には年間300万人以上が来場し、リフトに乗るのにも時間がかかった程ですが、近年では大きなゴンドラや高速リフトを設置したためリフト待ちの時間は長くても5分程度に短縮されています。夏場にはその広大な自然を活かし、フジロック・フェスティバルなど野外フェスティバルが開催されています。

苗場スキー場の楽しみ方

苗場スキー場の楽しみ方

苗場スキー場は、初心者向けから上級者向けまで多彩なコースを備え、隣接された苗場プリンスホテルからのアクセスも良いため、家族連れにも人気が高いスキー場です。2012年には上村愛子選手が入賞したワールドカップが開催され、苗場コン(苗場スキー場での大人数合コン)などのイベントも開催されています。ここでは、苗場スキー場の楽しみ方について説明します。

アクセス

新潟県の南魚沼郡湯沢町にある苗場スキー場へのアクセス方法を説明します。

電車で行く場合

(上越新幹線)越後湯沢駅から約20kmの位置にあり、駅からの所要時間はタクシーで約30分、南越後観光バスで約50分です。

車で行く場合

  • (関越自動車道)月夜野インターチェンジから国道17号線で33kmあり、月夜野インターチェンジからの所要時間は、平常時で約50分です。
  • 湯沢インターチェンジからは国道17号線で21km離れており、湯沢インターチェンジからの所要時間は通常約35分です。

飛行機で行く場合

新潟空港から新潟駅までエアポートバスで約25分、その後新潟駅から越後湯沢駅まで上越新幹線で約45分、越後湯沢駅からはタクシーなら約30分、南越後観光バスなら約50分です。

ゲレンデ

標高900~1,789mまで高低差889m、総面積196haという広大なゲレンデです。また、かぐらスキー場の田代エリアと、ドラゴンドラ(8人乗りゴンドラ、所要時間15分)で結ばれています。コースは、初級者向け30%、中級者向け40%、上級者向け30%とバランス良く整備されており、幅広いスキーヤーが利用できる作りとなっています。

上級者コース

上級者コースには、最大傾斜角45度、非圧雪のパウダースノーを滑走できる「スプラッシュボウルコース」や、コブや新雪が混在する「筍山コース」などがあり、スリルを味わうことができます。

中級者コース

中級者コースには、1,245m続く林間コース「筍山スカイラインコース」や、苗場スキー場の目玉となっている「大斜面ゲレンデ」があります。

初級者コース

初級者コースでは、苗場スキー場で最も緩い斜度の「火打ゲレンデ」など、平均斜度が6度となっており、初心者も無理なく滑ることができるコースが満載です。他にも、そりなどで遊ぶことができる「わくわくファミリースノーランド」があり、家族連れに人気です。

ゲレコン

ゲレコンとは、いわゆるゲレンデでの合コン・婚活のことですが、2012年のクリスマスイブには苗場でのゲレコンである「苗場コン」が開催されました。男女がペアになり、スキー、スノーボードを楽しんだあと、専用のレストランで食事会が行なわれました。

オフシーズンの楽しみ方

夏の苗場はその雄大な自然を活かしたレジャーで盛り上がっています。デイキャンプ体験やカヌーなど家族連れに大人気のレジャーが満載です。特に夏場や紅葉の季節に人気があるのが、「プリンス第1ゴンドラ」です。標高1,658m地点へ運行するこのゴンドラは、夏場には「涼しさ保証」として山頂の気温が25度を超えた場合ゴンドラを無料で運転しています。

その他観光施設(温泉)

苗場スキー場の近くには温泉地が10以上存在し、スキーの疲れを取ることができます。国道17号線沿いに三国苗場温泉、三国峠温泉、月夜野インターチェンジを通る場合は猿ヶ京温泉もあります。