ご希望のスキー場[スノーボード場]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトスキー場[スノーボード場]リサーチ
スキー場[スノーボード場]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

スキー・スノボ情報

温泉施設と一体になった
スキー場について



スキー場には、温泉施設と一体となった場所も数多く存在します。ここでは、スキーで遊び疲れた体を温泉に入ることができるスポットを紹介します。

富良野スキー場/新富良野プリンスホテル「紫彩の湯」

富良野スキー場/新富良野プリンスホテル「紫彩の湯」(北海道富良野市)

FISワールドカップの会場としても名高い富良野スキー場は、上級者向けコースはもちろん、初級者向けのコースまで様々なコースがあります。氷点下10度の環境になることもあり、雪質は国内でもトップクラスです。

また、スキーで疲れ、冷えきった体を温めてくれる温泉「紫彩(しさい)の湯」は、露天風呂をはじめ、北米の民家で使われていたオールドパイン(松の古材)で作られたフィンランド式サウナがあるなど、疲れを癒す施設が揃っています。

キューピットバレイスキー場/ゆきだるま温泉「雪の湯」

日本におけるスキー発祥の地と言われている新潟県上越市にも、温泉一体型のスキー場があります。キューピッドバレイスキー場のコースは、スタート地点から日本海を展望できる滑走距離4,000mのコース「ソレイユ」や、ビギナーにも易しいコースを取り揃えています。早朝に到着したスキーヤー向けの仮眠スペースを設けるなどサービスも充実しています。

併設されたゆきだるま温泉「雪の湯」は、100名が入れる広さのため、ゆったりと温泉でスキーの疲れを取ることができます。温泉の露天風呂からは、菱ヶ岳を眺望することができます。

竜王スキーパーク/ホテルタガワ 湯の里「竜泉」

1998年冬季オリンピックの舞台となった長野には、数多くのスキー場があります。その中でも、標高1,930mの竜王山にある竜王スキーパークでは、北アルプスなど他のスキー場では見られない景色を望むことができます。その他にも、ソリの無料貸し出しがあるキッズゲレンデ「チビドラパーク」や、竜王スキーパークに隣接するホテルタガワの中にある託児所など、家族連れを意識した施設となっています。

ホテルタガワには、東館に湯の里「竜泉」、西館に大浴場「雄峰」があり、「竜泉」には薬草風呂やスチームサウナが設けられています。

おじろスキー場/「ふれあい温泉おじろん」

西日本では数少ない温泉一体型のスキー場で、レースや検定会などにも使われる有名なスキー場です。駐車場は標高の低い所にあるためアクセスがしやすく、そこからスキー場へ向かうためのゴンドラステーションもすぐそばにあります。

ゴンドラステーション近くには、純天然温泉「おじろん」があるためスキーを楽しんだあとにすぐ入浴することができます。温泉だけではなく、地元産そば粉の手打ちそばやおじろ名物のすっぽん、チョウザメ料理などもあります。