ご希望のスキー場[スノーボード場]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スポランド
スキー場[スノーボード場]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

スキー・スノボ情報

山スキーとは



山スキーとは、人工的なゲレンデではなく、雪に覆われた自然の山域で行なうスキーのことを言い、「バックカントリースキー」や「山岳スキー」と呼ばれることもあります。ここでは、スキー上級者からは「スキーの真骨頂」と言われている山スキーについて、説明します。

山スキーの2つの定義

山スキーの2つの定義

山スキーは、リフトやゴンドラを使わずに、自力で山を登り、世界自然遺産や国立公園に指定されている山域をスキーで登降します。ゲレンデのようにリフトやゴンドラがないため、スタート地点までハイクアップ(歩いて山を登ること)をしなければなりません。起伏が激しい山道では、スキー板を背負いながら登ることもあります。「自然の山域で滑ること」と、「スタート地点までのハイクアップ」が山スキーの定義です。また、山スキーには、アルペンスキースタイル、テレマークスキースタイルと、大きく分けて2つのスタイルがあります。各スタイルの特徴を見ていきましょう。

アルペンスキースタイル

歩行・登高モードと滑降モードで切り替えられる山スキー専用のビンディングを用い、スキーを行ないます。狭義の意味で「山スキー」を使うときは、このスタイルを指します。登行する際には、ビンディングを歩行・登高モードにして、かかとをフリーにして登ります。滑降モードでは、かかとと板をしっかりと固定することで、アルペンスキーの滑降技術で山岳を滑り降りします。ヨーロッパではこのスタイルが最も一般的です。

テレマークスキースタイル

テレマークスキーはノルウェーで完成されたスキー用具です。アルペンスキーと大きく異なる点は、滑降時もかかとが固定されないことです。登高時は切り替えがない分楽ですが、滑降時はかかとが固定されないため、2本の板を前後させる独特のテレマークターンを習得する必要があります。テレマークスキーには、アルペンスキーでは得られない滑走感や乗りこなしたときの達成感があり、スキープレイヤーたちを虜にさせています。

山スキーを行なう際のウェアについて

通常のゲレンデでのスキーウェアと違い、山スキーはハイクアップする必要があるため、登りに何時間もかかる場合は、冬山用のウェアを用意します。中間着をしっかりと着こみ、ジャケットやオーバーパンツにはゴアテックス加工のものを用意します。また靴に関してはそれぞれの用途にあった靴選びをする必要があります。例えば、登山重視であるならば、登山靴をスキー板に付けるためのビンディングを用意する必要があります。滑り重視の場合は、多少の歩きにくさを我慢してスキー靴を使うことになります。また、登山・スキー兼用の靴もあります。

山スキーを始めたいなら

山スキーを始めるには、まず冬山を知ることが本当のスタート地点です。山の天候は変わりやすく、熟練者でも雪崩などの予期せぬ事故に巻き込まれることがあります。様々な危険を回避するため、冬山の知識を付けるだけでなく、万が一遭難や雪崩にあったときに備え、地図やコンパス、高度計など備品準備を行ないましょう。最近では、初心者向けにツアーも組まれているため、自分で山スキーを始める前に、ツアーに参加したりガイド本を読んだりして、実力を付けていきましょう。