ご希望のスキー場[スノーボード場]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スポランド
スキー場[スノーボード場]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

スキー・スノボ情報

ノルディックスキー/
クロスカントリー



ノルディックスキーは、平地の多い北欧で山野を移動するためのスキーとして生まれ、次第に競技へと発展してきました。アルペンスキーとは異なり、つま先だけを固定し、かかとは固定しないスキー板を使用します。ノルディックの基本種目のひとつであるクロスカントリーは、「滑る」のではなく「歩く」、「走る」種目であることから「雪上のマラソン」と呼ばれています。

種目紹介

種目紹介

クロスカントリーは、専用のスキーとストックを使って滑走し、タイムを競います。クロスカントリーの種目は、大きく「クラシカル競技」と「フリー競技」の2つに分かれており、クラシカル走法を用いる「15kmクラシカル(女子は10km)」と、走法技術に制限のない「50kmフリー(女子は30km)」、クラシカル走法とフリー走法を合わせた「パシュート」、「スプリント」、「チームスプリント」、「4×10kmリレー(女子は4×5km)」の6種目、男女合わせて12種目があります。ここでは各種目の特徴を見ていきましょう。

15km(10km)クラシカル

「15km(10km)クラシカル」は、クラシカル競技に分類されます。「クラシカル」とは走法のことで、交互滑走(大きくスリ足をして進む)、推進滑走(雪面に刺したストックを支点に腰と背中を曲げのばして進む)、開脚登行(スキーをV字に開き坂を登る)して滑る方法を「クラシカル走法」と言います。「15km(10km)クラシカル」では、このクラシカル走法しか認められておらず、スケーティングによる推進は認められていません。ストックを雪に指して進むため、足だけではなく腕の筋力も必要な種目です。この種目は、全員一斉にスタートし、1番早くゴールに到着した選手が勝利するという、見ている人にとっても分かりやすい競技と言えます。

50km(30km)フリー

フリーは、その名の通り走法技術に制限なく、自由に滑るフリー競技です。自由に滑るとは言え、選手たちは1番スピードが出るスケーティングで滑ります。スケーティングは、スケートのようにスキー板で雪面を滑る技術です。この種目では、クラシカルのように全員一斉にスタートするのではなく、30秒ごとに1人ずつスタートするため、ゴールするまで誰が1位か分からないこともあります。

パシュート

「パシュート」は、前半をクラシカル、後半をフリーで滑り、その合計タイムを競う種目です。一斉にスタートし、クラシカルを行なったあと、スキー板を履き替えてフリーを行ないます。競技距離は、男子30km(クラシカル15km、フリー15km)、女子15km(クラシカル7.5km、フリー7.5km)です。

スプリント

クラシカル走法で、短い距離を走る種目です。男子は1.4km、女子は1.2kmを走ります。スプリントのレース方法は他の種目と異なり、予選と決勝トーナメントに分かれ、まずは予選で上位30人に入って勝ち残った人が、決勝トーナメントに進出します。決勝トーナメントでは、6人ずつ5組に分かれて戦い、各組で上位2名に入れば次の試合に進出できます。

チームスプリント

スプリントとは違い、走法はフリーです。トリノ冬季オリンピックから採用された種目で、1チーム2人の選手が、1周ごとにリレーをしながら規定の周回数を交互に滑ります。大会毎に異なりますが、通常は予選を行なったあと、10チーム程で決勝が行なわれます。

4×10km(5km)リレー

大会毎に異なりますが、通常1チーム4人で、第1走者と第2走者がクラシカル、第3走者と第4走者がフリーで走ります。走者の中継は次の走者の身体に触れることで、バトンタッチとなります。また、一斉にスタートするため、最初にゴールしたチームが勝利します。