ご希望のスキー場[スノーボード場]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スポランド
スキー場[スノーボード場]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

スキー・スノボ情報

ノルディックスキー/ジャンプ



ノルディックスキーのジャンプ競技は、急斜面に設置された専用のスキー台を滑り降り、踏み切り台から滑空し、ジャンプの飛距離とフォームの美しさを競う種目です。

採点方法

採点方法

飛距離点と飛型点の合計点が1回のジャンプの得点となります。選手は2回ジャンプをし、2回のジャンプの合計点が最終得点となります。

飛距離点

飛距離点とは、飛んだ距離を得点とするもので、K点(飛距離の基準)を60ポイントとし、このK点との距離に応じて1mごとにポイントが加減されます。K点が120m地点にある場合は、1mごとに1.8ポイントが加減されます。K点が90m地点にある場合は1mごとに2.0ポイントが加減されます。

飛型点

「飛型点」とは、空中や着地姿勢の美しさなどを全5人の審査員が、1人当たりの持ち点20点満点から減点法で採点します。5人の審査員のうち1番高い点と1番低い点を付けた2人を除く3人の点数の合計(満点60点)が得点となります。減点されるポイントは、飛行中の膝の位置やスキーの位置などから最大5ポイント減点、着地後にテレマークを入れなかったときは最大4ポイント減点、テレマークを入れたが不安定なときは最大3ポイント減点となります。テレマークとは、着地のときに定められた姿勢で、両足を前後に開き、両手を左右に上げる姿勢です。飛型点の減点を避けるには、着地後15m以上同じ態勢を維持する必要があります。もし、着地で転倒した場合は10ポイント減点となります。なお、転倒ラインを越えたあとに転倒しても減点にはなりません。

種目の紹介

オリンピックでは、ノーマルヒル、ラージヒル、団体の3種目が採用されています。ノーマルヒルとラージヒルは、ジャンプ台の規模が異なります。ノーマルヒルは、ヒルサイズ(安全に飛べる着地の限界点)が85~109m、K点が75~90m地点にあります。ラージヒルは、ヒルサイズ110~184m、K点が105~120m地点にあるジャンプコースです。

団体

ラージヒルの台を使い、1ヵ国4人の選手が2回ずつ飛び、その合計得点を競います。選手4人を4組に分けて組ごとにゲート位置などを調整するため、全員が同じ条件で飛ぶ訳ではありません。条件が同じなのは、違う国の同じ組の選手のみになります。

ちなみに、ゲート位置を調整するのは、飛び過ぎを防いで選手の安全を図るためで、個人戦でもラウンドごとに行なわれています。