ご希望のスキー場[スノーボード場]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スポランド
スキー場[スノーボード場]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

スキー・スノボ情報

アルペンスキー/
滑降・複合・スピードスキー



「滑降」、「複合」、「スピードスキー」は、いずれも雪山の斜面をスキー板で滑り降りる競技です。「滑降」は、現在オリンピックで採用されているアルペンスキー種目のうち最も高速の種目です。スピードスキーはさらに高速の種目ですが、現在オリンピックでは採用されていません。「複合」は、「回転」と「滑降」の合計タイムを競う種目で、技術系と高速系の両方の技術が要求されます。ではこれらの特徴を詳しく見ていきましょう。

滑降(ダウンヒル)

滑降(ダウンヒル)

滑降は、英語で「ダウンヒル(downhill)」と言い、「DH」と略されます。スタートラインとフィニッシュラインの標高差は800~1,100mで、コースは3kmにも及びます。旗門数が少なく、平均時速100km以上という高速の中、旗門を通過しながら斜面を滑り降りる種目で、スーパー大回転と同じく1回のレースで勝敗が決まります。

また、回転・大回転・スーパー大回転と異なるところは、オフィシャルトレーニングを大会の前日までに行なうよう義務付けられていることです。このトレーニングは、大会と同じ条件で行なうことが必要です。

滑降で勝利するには、技術力や身体能力が必要なことはもちろん、少しでも速く滑降するために、速度が出ている状態でも空気抵抗の少ないクローチングフォーム(低い姿勢)を保って滑り降りる体力や精神的な強さが必要となります。

複合(コンバインド)

複合は、「コンバインド(combined)」と言い、[CB」と略されます。名前の通り、2つ以上の種目のタイムを合計して競う種目ですが、通常の複合は、「滑降」1本と「回転」2本の合計タイムで競うことになります。ただし、回転を2本滑ると時間がかかることから、最近では滑降(またはスーパー大回転)1本と回転1本の合計タイムを競う「スーパー複合(スーパーコンバインド)」が主流となっています。

複合は、技術系と高速系の両方のスキルが必要となるため、双方の技術を備えたオールラウンダーが活躍することが多いですが、オールラウンダーではない技術系と高速系の選手のどちらが上位にくるか楽しみながら観戦できる競技です。

スピードスキー

スピードスキーは、急な斜面を滑り、斜面の途中に設置した計測区間(100m)内で最も速い速度を出した選手が勝利する種目です。300~400mの助走区間があり、この区間を使って、計測区間でさらに速いスピードを出せるように滑ります。

スピードスキーの世界記録は時速250kmを超える程であり、超高速で一気に斜面を滑り降ります。

スピードスキーは、1992年のアルベールビルオリンピックで公開種目とされましたが、スイスの選手が死亡する事故が起こったため、現在ではオリンピック正式種目としては採用されていません。そのため日本では知名度の低い競技ですが、過去には1970年、1972年のワールドカップで日本人選手が優勝しています。