ご希望のスキー場[スノーボード場]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スポランド
スキー場[スノーボード場]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

スキー・スノボ情報

アルペンスキー/
回転・大回転・スーパー大回転



アルペンスキー競技の回転、大回転、スーパー大回転は、選手がコースを滑り降り、そのスピードの速さによって勝敗が決まる競技です。しかし回転、大回転は技術系、スーパー大回転は滑降と同じく高速系に分類され、特徴が異なります。

回転・大回転・スーパー大回転に共通するルール

回転・大回転・スーパー大回転に共通するルール

アルペンスキー競技は雪山を滑り降り、そのスピードを競う競技です。ただ山を滑り降りるのではなく、コース中にある旗門を通過しながらゴールを目指します。旗門とは2本1組の旗かポールのことで、赤と青が交互に立てられますが、これを規定どおり通過できないと失格となります。旗門の数や間隔は種目ごとに異なり、この違いで各種目に特徴が生まれます。

回転・大回転・スーパー大回転の特徴

それでは回転、大回転、スーパー大回転の種目ごとに違いを見ていきましょう。

回転(スラローム)

回転は英語でスラローム(slalom)と言い、SLと略されます。山の上にあるスタートラインと、滑り降りた先にあるフィニッシュラインの標高差を180~220mに限定(男子の場合)し、他の2種目より標高差が小さく距離が短いコースとなっています。その一方で、旗門数は55~75と最も多く設定されていることから、短い滑走コースの中で細かいターンを連続して行なわなければならず、ターンの技術力や集中力が必要な種目となっています。

大回転(ジャイアントスラローム)

大回転は、ジャイアントスラローム(giant slalom)と言い、GSと略されます。スタートラインとフィニッシュラインの標高差は300~450mと決まっており、スーパー大回転と回転の中間に位置します。また、旗門数も約30と回転に次いで多くなっています。そのため、大回転は高速系と技術系両方の技術が必要とされ、アルペンスキーの基本種目となっています。

スーパー大回転(スーパージャイアントスラローム)

スーパー大回転は、スーパージャイアントスラローム(super giant slalom)と言い、スーパーG、SGと略されます。コースの標高差は400~650mで、3種目のうち最も大きくなっています。旗門の数が少ないため、純粋に速さを競う滑降と同様、高速系に分類されます。ハイスピードで滑り降りる中でのターンコントロールが要求されるため、筋持久力が要求される種目です。回転や大回転は、基本的に2回滑ったタイムの合計で勝敗を競う一方、スーパー大回転は1回のタイムで勝敗が決まります。スーパー大回転は比較的新しい競技で、1988年カルガリーオリンピックで初めて冬季オリンピック正式種目に採用されました。